インプラントジャパンTOP > インプラントについて


インプラントとは、歯を何らかの原因で失ってしまった時、その歯の無い所に人工の歯を入れる1つの方法です。 歯肉の内部にある顎の骨にチタン製の人工歯根を埋め込み、 その上に人工の歯を取り付ける治療方法です。チタンは3ヶ月 ~ 6ヶ月で骨と直接結合する性質があるため、 より自然の歯に近い噛み心地と美しい歯を手に入れられる治療法と言えます。
インプラントとは


インプラントの仕組み

埋め込んだインプラントが骨にくっつく 人工の歯
ネジのように骨に対して回転して埋め込む 埋め込んだインプラントが骨にくっつく 人工の歯をかぶせる

インプラントの大きさは?痛くないの?

インプラントの大きさは大体1cm強の長さで4mm程の直径です。色々な条件に合わせて様々なバリエーションがあります。 「骨にねじ込む」と聞くと怖がる方もいると思いますが、インプラント手術は麻酔をして行われるので通常痛みなどはありません。
痛くないの

外れたりする事はありませんか?
1度骨にくっついたインプラントは、非常に強い力を発揮します。その上、違和感もほとんどありません。 歯科のあらゆる治療の中でインプラントの成功率は一番高いと言われています。 ごくまれに骨のくっつきが悪いこともありますが、ほとんどの場合は再度入れなおすなど、 フォローはしっかり行ってもらえるはずです。
外れたりする事はありませんか



地域マップ

全国医院検索
詳細ページへ 詳細ページへ 詳細ページへ