インプラントジャパンTOP > インプラントの治療、他の治療法との違い
違和感があり、食事の際にものが挟まったり噛みにくい等の問題や口臭が気になる方もいます。 また、隣接する歯に負担があるため健康な歯にダメージを与える可能性があります。 約5年後に同じ入れ歯を使用できる可能性は約40% ~ 50%です。
  • ブリッジのように健康な歯を削る必要がない。
  • 保険が適用される場合があり費用が少ない。
  • 噛む力が他の健康な歯に比べて最高で30%程しかない。
  • バネによる隣の歯への負担がかかり、ダメージを与えうる。
  • 違和感がある。

  • 両側の歯を削って支柱にし、そこに橋をかけて歯があるような格好で噛める様にする方法です。 健全な歯を削らなければならない上に、支えになる歯には大きな負担がかかります。 約10年後に30% ~ 50%が再治療となるといわれています。
  • 固定式なので違和感が少ない。
  • 保険が適用される場合があり費用が少ない。
  • 治療期間が短時間で済む。
  • 健康な歯を削ってしまう。
  • 支えになる歯に大きな負担がかかり、歯を失う原因となる事がある。

  • 違和感がなく、食事も健康な歯のように楽しむことができます。 また、他の治療法に比べてあごの骨がやせていく事がありません。 お手入れをきちんとする事で20年以上もきれいに保っている方もいます。 しかし、保険が適用にならないため他の治療よりかなり費用がかかります。 約10年で 90% ~ 95%残ると言われています。
  • 顎にしっかり固定されているので違和感なく噛むことができる。
  • 隣の歯を削るなどの影響がない。
  • 顎の骨がやせにくい。
  • お手入れをしっかりする事でかなり長持ちする。
  • 保険が適用されず、費用がかかる。
  • あごの骨にインプラントを埋め込む手術が必要。
  • 治療回数は数回でも済むが待機期間が2 ~ 10ヶ月必要。
  • インプラントの良さ

    インプラントは骨にしっかり結合していますので、硬い食べ物でもしっかり咬むことができます。食べ物が入れ歯の下に入り込んだり、ずれたりする心配が全くありません。天然の歯のようにおいしくお食事を楽しむ事ができ、嫌な臭いがする心配もありません。






    地域マップ

    全国医院検索
    詳細ページへ 詳細ページへ 詳細ページへ