インプラントジャパンTOP > インプラントについて > インプラントとブリッジと入れ歯

インプラントについて

インプラントとブリッジと入れ歯

違和感があり、食事の際にものが挟まったり噛みにくい等の問題や口臭が気になる方もいます。また、隣接する歯に負担があるため健康な歯にダメージを与える可能性があります。約5年後に同じ入れ歯を使用できる可能性は約40%~50%です。
両側の歯を削って支柱にし、そこに橋をかけて歯があるような格好で噛める様にする方法です。健全な歯を削らなければならない上に、支えになる歯には大きな負担がかかります。約10年後に30%~50%が再治療となるといわれています。
違和感がなく、食事も健康な歯のように楽しむことができます。また、他の治療法に比べてあごの骨がやせていく事がありません。お手入れをきちんとする事で20年以上もきれいに保っている方もいます。しかし、保険が適用にならないため他の治療よりかなり費用がかかります。約10年で90%~95%残ると言われています。

インプラントの良さ

違和感がなく、食事も健康な歯のように楽しむことができます。また、他の治療法に比べてあごの骨がやせていく事がありません。お手入れをきちんとする事で20年以上もきれいに保っている方もいます。しかし、保険が適用にならないため他の治療よりかなり費用がかかります。約10年で90%~95%残ると言われています。
全国医院検索

地域マップ

全国医院検索
詳細ページへ 詳細ページへ 詳細ページへ