インプラントについて

治療の流れ

Step1. 診察:治療計画

お口の中の診査とレントゲン写真を撮影して大まかな治療計画をたてます。
口腔内写真と歯型を採取し、必要に応じて血液検査やCT撮影を行います。

Step2. インプラント埋入

歯がなくなった部分の顎の骨の中にインプラントを埋め込みます。
局所麻酔を十分に使用して行ないますので痛みを感じることはほとんどありません。
また、ほとんどの手術のケースにおいて静脈鎮静法などを用いていますので、うとうと眠っている間に処置を終了してしまいます。

静脈内鎮静の特徴
・眠くはなりますが、意識はなくならず、自分自身で
 普段通りに呼吸ができます。
・呼びかけや刺激に対して反応できます。
・確実に早い効果が得られます。
・入院する必要がなく、手術当日に帰宅できます。

Step3. インプラントと骨との結合期間

埋入手術後は歯肉を縫合して、人工歯根が顎の骨と結合するまで治癒期間(1~3ヶ月)を置きます。
この期間は骨の質になどにより個人差があります。

Step4. 結合後の二次処理

埋まっているインプラントの頭の部分を出して、アバットメントと呼ばれる人工歯を被せるための土台を取り付けます。

Step5. 人工歯の装着

インプラントによって支えられた歯は従来の入れ歯やブリッジと違い隣接する歯を支台にしたり、削ったりする必要がなく自然の歯のような見た目と噛み心地が得られます。

Step6. 定期メンテナンス

インプラントは虫歯にはなりませんが、ケアを怠っているとそのまま放置すると歯周病(インプラント周囲炎)などで傷んでしまいます。長持ちさせるためには、食後のブラッシングや定期検診はとても重要です。特に異常がなくても、半年から1年に一度は定期検診を受けるようにしましょう。

全国医院検索

地域マップ

全国医院検索
詳細ページへ 詳細ページへ 詳細ページへ