インプラントジャパンTOP > インプラントについて > 抜歯即時インプラント

インプラントについて

抜歯即時インプラント

抜歯即時インプラントは歯を抜いたその日にインプラントを埋入する術法です。
即日インプラントとは、1日で手術が完了する治療法のことです。従来のインプラント治療は、歯を抜いてから埋入するのに1~2ヶ月かかりました。

しかし、即日インプラントの場合は歯を抜いたその場で埋入するため、1回で手術が済み、治療期間が大幅に短縮されます。また即日インプラントは腫れや痛みがほとんどなく、余分な麻酔や粘膜剥離などの手術に伴う負担が最小限で済むというメリットもあります。

歯を抜いたその日にインプラントを入れる方法とは?

通常のインプラント治療は、抜歯してから数か月経過してからインプラントを埋入することが多いのですが、その期間を様々な理由で待てない患者様もいらっしゃいます。そんな患者さまには【抜歯即時インプラント】があります。

抜歯即時インプラントは歯を抜いたその日に埋入する術法です。しかしこの抜歯即時インプラントはどの方でも適応できる術法ではありません。埋入できる十分な骨の量がある、歯周病にかかっていない、などの条件を満たしている方にお勧めします。

抜歯即時インプラント

使用するインプラント

抜歯即時インプラント用に開発された、特殊なインプラントを主に使用します。このインプラントは、抜歯した部位への使用を目的として開発されたもので、抜いた部分がインプラントで埋まるように、上半分が斜めになっています。また、骨との結合をより安定させるため、ねじ山の間隔が狭められています。

使用するインプラント

抜歯即時インプラント埋入法の利点

1. 切開、はく離をしなくて済む事が多いので痛みが少ない。(抜歯程度)
2. 切開、はく離をしなくて済む事が多いので腫れがでることが少ない。(抜歯程度)
3. 抜歯とインプラント手術の2回の外科処置が1回の手術回数で済むため身体的、精神的負担が少ない。
4. 抜歯と同時にインプラント埋入するので従来の1/2の治療期間で済む。
5. 抜歯直後は、生体の治癒力が活発に働くため傷口の回復が良い。
6. ドリルで骨を削る量・時間が少ない。
7. 歯肉(歯ぐき)などの軟組織の形態が維持しやすい。
8. 早期に審美性が回復する。
9. 骨移植、骨造成、軟(結合)組織移植などの追加手術をする頻度が少ない。

抜歯即時インプラント埋入法の欠点

1. 手術のテクニックがセンシィティブである。(通常のインプラント埋入と違い多くの注意点がある)
2. どんなケースでも出来るわけではない。

全国医院検索

地域マップ

全国医院検索
詳細ページへ 詳細ページへ 詳細ページへ