歯列矯正

美しい歯並び、自然な噛み合わせへ

歯列矯正

歯には、力を加えるとその方向に移動する性質があります。
その性質を利用し、お口の中に矯正の装置を入れ、歯に一定の力を持続的にかけ、悪い歯並びや噛み合わせを治すのが歯列矯正です。

矯正装置を取り付けたり治療期間が長期になるなど決して楽な治療とはいえませんが、一生自分の歯でかめるという大きな幸せを目的としています。
また歯列矯正により口元や顔立ちが美しくなったり、発音が良くなったりといったメリットも多々あります。

歯列矯正が必要な方

装置の種類

目立たない装置や装置の見えない治療法など、現在の矯正技術は著しく進歩しています。
矯正装置が目立って恥ずかしいというかたや仕事柄、気がつかれずに治したいひとには、お薦めです。

歯列矯正 メタルブラケット

歯列矯正 メタルブラケット

何といっても一番しっかりしている。
装置費用も割安。

歯列矯正 リンガルブラケット

歯列矯正 メタルブラケット

歯の裏からの矯正装置。
まったく装置がついていることがわかりません。
知らぬ間に直したい人におすすめ。

歯列矯正 透明ブラケット

歯列矯正 メタルブラケット

ほとんど目立ちません。
最近では頑丈さもメタルと大差なし。

歯列矯正 ファッションブラケット

歯列矯正 メタルブラケット

カラフルな色で治療を楽しんでしまおうという人におすすめ。
かわいらしく目立てます。

歯列矯正 ファッションブラケット

歯のタイプ 治療例

歯列矯正 上顎前突(出っ歯)

一般的に出っ歯と呼ばれる症状です。
歯列矯正装置を使用して正しいかみ合わせに治します。
口元が出て見えるため、コンプレックスとなることも多く、早い時期に治療を行なうのが理想です。

歯列矯正 上顎前突(出っ歯)

下顎前突(受け口)

下の前歯が上の前歯の前に出ているために、上下のあごのかみ合わせが前後逆になってしまっている受け口や反対咬合と呼ばれる症状です。
発音が不明瞭で舌たらずの話し方になったり、あごの関節に障害が起きやすくなることもあります。
矯正治療だけで治せる場合と、顎変形症として外科手術によって治す場合があります。

歯列矯正 下顎前突(受け口)

開咬(かいこう)

一部の歯がかみ合わさることができないため、上下に隙間があいてしまい食べ物をかみ切れないかったり、発音が不明瞭になることがあります。
また、顎関節へ負担がかかる上、下あごが正常に発育できなくなる原因となるおそれもあります。
成長期の子どもに比べて治療が難しく治療後も安定しにくいこともあります。場合によっては外科矯正を併用することもあります。

歯列矯正 開咬(かいこう)

叢生(そうせい)

顎と歯の大きさのバランスが悪いため狭いあごに歯がきれいに並びきれず、捻じれたり、重なりあって生えてしまう症状をいいます。
スペースを確保するために抜歯する場合があります。

叢生(そうせい)

地域マップ

あなたの街の歯医者さん 口コミ情報

詳細ページへ 詳細ページへ 詳細ページへ