ピーリング

ガムピーリングできれいなピンク色の歯茎に

ピーリング

ガムピーリングとは、黒ずんでしまった歯茎を元の血色のいいピンクに戻す治療法のことを言います。
喫煙などより、歯肉にメラニン色素が沈着した場合、ガムピーリングという手法で、健康的なピンク色の歯ぐきをよみがえらせることが出来ます。

ガムピーリングには、レーザー治療法のレーザーピーリングと薬剤ピーリング法のケミカルピーリングの2種類があります。

レーザーピーリング
レーザーピーリング

レーザー光線の多くは黒い色に反応することを応用して皮下にあるシミ・メラニン色素を選択的に除去したり、皮膚のターンオーバーを活性化してシミとりしたりするのです。

レーザーによる歯ぐきの美白(レーザーピーリング)を行うと、健康的なピンク色の歯ぐきがもどってきます。

ケミカルピーリング
ケミカルピーリング

歯茎に薬剤を塗り、歯茎の表面をピーリングします。
痛みは多少ヒリヒリするくらいです。
治療直後は、薬によって歯茎が白くなりますが、2~3日後に膜がはがれ、1~2週間ほどで生まれたてのようなピンクの歯茎に変わります。
人にもよりますが、だいたい1回~数回の施術が必要です。

クリーニング Before After

地域マップ

あなたの街の歯医者さん 口コミ情報

詳細ページへ 詳細ページへ 詳細ページへ