インプラントジャパンTOP > 歯科専門用語集 > は行

あ行   は行
か行   ま行
さ行   や行    
た行   ら行
な行   わ行        

バイト(咬合採得)
上の前歯が内側に、下の前歯が外側になって咬み合っている状態のこと。下顎が前に突き出たようになっている。
バイタルブリーチング
歯髄の生きている歯の漂白をすること。
ハイドロキシアパタイト
骨や歯の主成分。
ハイブリッドセラミックス《補綴物》
クラウンやインレーに使用される歯科材料。審美性に優れ、ポーセレンよりも柔らかく、硬質レジンよりも硬いことから天然歯に近い素材と言える。保険適応外の治療(補綴)材料となる。
バキューム
歯科用診療台に備わっている機能。口腔内の唾液や血液、切削した歯片などを吸い込む歯科用の掃除機。
反対咬合
上顎の歯と下顎の歯の位置関係を記録すること。

PRP
PRPとは、Platelet Rich Plasma(多血小板血漿)の略語で採取した血液の中から濃縮した血小板を取り出した血漿のことです。
血小板はそもそも体の細胞の増殖を促進する成長因子があることが発見されていて止血作用とともに血管や組織の修復機転に関与することが解明されている。
PMTC
プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニングの略。
専用の機械によって、タバコのヤニや茶渋などの歯の表面に付いた汚れを取り除くこと。
歯と歯の間など、自分では磨きにくいところや、歯磨きの癖でよく磨けていないところを中心にクリーニングすることで歯の表面を軽く研磨し、フッ素を塗るので虫歯になりにくく綺麗な状態を保つことができる。
光重合レジン
光で固まるコンポジットレジンのこと。
非接触治療
高周波治療器でチップを患部に接触させないで治療効果を得る療法。非接触で患部の温度を上昇させることで患部の免疫力を高め自然治癒を促す。正式にはRF治療という。
美容歯科
審美歯科の中でも特に美しさを追求した歯科分野のこと。健康な歯を削ってセラミックを入れたり、ラミネートベニアを貼り付けるような治療の他、ホワイトニング、レーザーなどの治療もある。

フッ素
エナメル質を強くして虫歯になりにくい歯を作る成分。
プラークコントロール
プラーク(歯垢)を除去することで、虫歯や歯周病の予防することを言います。
ブリッジ
少数歯欠損において何本かの歯を支台歯(土台)にして連結し、抜けた歯を補う装置。
ブリーチング(漂白)
薬によって歯を白くすること。
フリーラジカル
活性酸素のこと。ガンや歯周病を発症させる。組織を破壊させる作用がある。
プローブ/プロービング
プローブとは歯周ポケットの深さを測る探針のこと。プロービングは歯周ポケットを測ることを言う。

ヘミセクション
分割抜歯のこと。2つ以上の歯根がある歯のうち悪くなった歯根だけを部分的に抜歯して健全な歯根を残す方法。
ペリオ
歯周病のこと。
ペリコ
智歯周囲炎のこと。

保存療法
削ったり、抜かないで歯を治療する方法。
補綴物【ほてつぶつ】
歯を削った後に歯冠を修復するために製作されるインレーやクラウン、入れ歯などのこと。
ホワイトニング
歯を白くするために行う治療方法。ブリーチング、マニキュア(デンタルマニキュア)、PMTCなどを総じてホワイトニングという。
ポーセレン《補綴物》
セラミック陶材のこと。また金属(白金加金等)に陶材を焼き付け製作される補綴物のこと。メタルボンドとも呼ばれる。
ホームブリーチング
家庭で行う歯の漂白方法。
ボーングラフト
骨移植の方法の一つ。歯が抜けて時間が経過すると、顎の骨がやせてしまい、インプラントを入れるスペースが不足することがあり、以前は骨がやせているとインプラントができないケースがありましたが、ボーングラフト(骨移植)をすることでインプラントが可能になった。 移植する骨は、自家骨や骨補填材が使用される。

地域マップ

全国医院検索
詳細ページへ 詳細ページへ 詳細ページへ