インプラントジャパンTOP > インプラント特集記事

インプラント記事特集 筒井歯科のコンピューターシュミレーションによる的確なインプラント埋入手術


筒井歯科はインプラント専門医院として、治療の計画から埋入までのインプラント治療をより確実に安全に行うために最新の医療システム、ノーベルガイドインプラント治療システムを採用しております。

ノーベルガイドはCTスキャンで撮影した画像から起こした3D画像をもとに、コンピューターを使って作られる精巧なガイドシステムです。
このガイドにはあらかじめシミュレーションで算出したインプラントの埋入場所・角度などが正確に記録され、インプラントの埋入を導きます。
手術はこのノーベルガイドを歯肉に装着し、歯肉の一部分に小さな穴をあけて行います。
ほとんど歯肉を切らずにインプラントを埋入するために、傷を最小限に抑えることができ術後の回復を早め、即日セットされる仮歯の使い心地も良好となります。

 

ノーベルガイドシュミレーションソフトを使い、患者様のデータをCTで撮影して、3次元の立体的な画像データに変えます。
それによってインプラントをどこに埋入するか正確な位置をシュミレーションすることができます。

シュミレーションの後に、インプラントを埋入するために重要なサージカルプレートをオーダーいたします。
届いたサージカルプレートを元に、咬む歯を作るための 模型を製作します。

  • 安全で正確にインプラントを埋入できる。
  • 手術時間を短くできる。
  • 手術の当日に新しい歯を手に入れられる。
  • ガイドに沿って小さなな穴をあけて埋入するため、ほとんど歯肉を切らない。

外科用シーネと呼ばれるマウスピースのようなインプラント専用の外科用の手術器具をつけることによって正確な位置にインプラントを埋入することができます。

シーネとはCTで撮影しました患者様のデータの入れ歯の形をもとに製作されました手術器具です。
CTで撮影されました3次元の立体的な画像データをもとにインプラントを埋入させたい場所に穴を開け、インプラントを埋入させます。
またインプラントを打ち込む角度を正確に計算されておりますので、より的確にインプラントを埋入することが可能になります。

手術当日、ガイドを歯肉に装着・固定し、そのガイドに沿ってインプラントを埋入します。
埋入したインプラントに最終補綴物を装着して、治療は完了です。

ノーベルガイドによる治療は、すべての歯科医院で受けられるわけではありません。またコンピューターなどの最新の技術が必要です。



ページの先頭へ
詳細ページへ 詳細ページへ 詳細ページへ