インプラントジャパンTOP > USC第三期開講

南カリフォルニア大学歯学部(USC)


講師陣
 
ウェブサイト 詳細はwww.uscdentalcejapan.orgを参照ください。
(一部見られないページがあれば、メニューの「表示」「エンコード」より「自動選択」を選択してください)
問い合わせ totashimizu@hotmail.com(清水藤太あて)まで、日本語でどうぞ。
受講料 銀行振り込みまたはクレジットカード 正規受講生 (170万円) 準受講生(80万円) (分割可、詳しくは上記問合せ先まで)
 
USCキャンパスでジャパンプログラムの第1期卒業式が挙行!

2009年1月から東京にて始まったUSCジャパンプログラム第1期。その総仕上げとして2009年9月21日から1週間、ロサンゼルスの南カリフォルニア大学(USC)本校にて集中講義と卒業式が行われました。

講義開始前日の9月20日には講師のボールドウィン・マーチャック先生(元アメリカ審美歯科学会会長)宅にてプールサイドパーティが開催され、1週間の集中講義に向け、100名を超える参加者が大いに気勢を上げました。

翌日からUSC本学において集中講義が開始。デューク・ヤマシタ、グレン・クラーク、スタンリー・マラメッドなど斯界のエキスパートの本場の講義を受けるとともに、最終日にはバック・リー(口腔外科)によるカダバー・ハンズ・オン・コースも行われ、充実した1週間の集中講義を締めくくりました。

そして9月25日、待望の卒業式。

USCキャンパス内のGalen Center Arenaでキャップ&ガウンの正装にて厳粛に卒業式が行われ、一人ひとりにプログラムでィレ句ターのロステイン副学部長より卒業証書が手渡されました。

その後、サプライズとしてUSCマーチングバンドの演奏に導かれて、フェアウェル・ディナーへ。

USC歯学部同窓会でもあるCentury Clubの会員証も手渡され、9ヶ月の長きにわたるプログラム修了の思いをかみしめるとともに、今後ともUSCジャパンプログラム第1期生として団結して日本とアメリカの架け橋となり、日本の歯科医療をさらなる高みにステップアップさせるように心に誓い、ロサンゼルスをあとにしました。


USC
ページの先頭へ
詳細ページへ 詳細ページへ 詳細ページへ